小児眼科

当院では専門医による小児眼科専門外来を行っております!
斜視(しゃし)とは? 弱視(じゃくし)とは? 屈折(くっせつ)異常

Q&A 子供に多い目の病気

  • 子供の視力と発達

    生まれたばかりの赤ちゃんは、明るいか暗いかぐらいしか分かりません。
    しかし1ヶ月ぐらいで物の形が、2ヶ月ぐらいで色が分かるようになります。さらに4ヶ月になると、動くものを追って目を動かせるようになります。そして、6歳くらいには大人と同じくらいの視力を持つようになります。

    両眼視(両眼で物を見る機能:2つの眼で見たものを脳で1つにまとめ、立体感、遠近感を感じる機能)も、生後半年~1歳半くらいの間に、両眼を正しく使うことによって発達します。

    子どもの視力が発達するためには、毎日物を見ていることが必要です。先天性の眼の病気や強い屈折異常で物がよく見えていない状態が続くと視力が発達せず、斜視や弱視などの原因となることがあります。
    通常3歳前後から視力検査ができるようになりますが、日頃から目を細めて物を見る、片目をつぶって物を見る、顔を傾けたり顎を上げて物を見る、テレビに近づいて物を見るなど、気になる症状があれば、眼科で検査を受けましょう。

    秋山みつる眼科では、精密検査などを行った上で、必要に応じて小児の専門病院へご紹介いたします。
    また、瞬きが多い、涙がよく出るなどの症状もご相談ください。

    子どもの目の異常を見つけるには・・・
    次のようなことは、眼がよく見えていないサインかもしれません。
    気づいたら、早めに眼科専門医にみてもらってください。

    物を見るとき、片方または両方の目を細める、首を傾ける、顔を近づける。
    両眼が寄っている、別の方向にずれている、眼球が振動している、眼の大きさが左右で異なる。
      眼の表面や中が濁っているように見える。
    反応が鈍い、疲れやすい、飽きっぽい。
  • ふつう、物をみるときには、右目も左目も両方が、見ようとするものの方向に向いています。 ところが、片目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が違う方向を向くことがあります。 これを斜視といいます。

    1)斜視の種類

    斜視イメージ

    2)斜視の原因

    両眼の視線を合わせようとする脳の機能が悪い場合と、眼球を動かす筋肉に原因がある場合があります。
    内斜視ではさらに、遠視の影響で強い調節力が必要なために起こる場合があります。

    3)斜視の治療

    斜視の原因が遠視の場合には、通常メガネをかけて遠視の矯正をします。また、遠視以外の場合には、目の筋肉を調整する手術を行う場合もあります。手術は通常点眼麻酔で行い、短時間で終わりますが、乳幼児の場合は全身麻酔で行います。
    ただし、手術で目の向きを治しても、両眼視ができない場合があり、この場合には両眼視のための訓練を行うこともあります。

    4)偽斜視

    赤ちゃんは、鼻が低くて、その根本が十分に発達していないために、両方の目の間が広く内側のまぶたが眼にかぶさっているために、白目の内側が見えない場合があります。
    この場合、外見上は内斜視に見えますが、本当は斜視ではない状態です。

  • 子どもの視力が発達する時期に、強い遠視や斜視、先天性の眼の病気などでたえず物を見ることができなくなると、視力の発達は止まってしまい、眼鏡をかけても視力が出なくなります。これを弱視といいます。

    1)弱視の経過

    視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって異なりますが、発見が早ければ治る可能性も高くなります。

    2)弱視の原因

    屈折異常

    中等度以上の遠視や強度の近視、乱視があると網膜に像がはっきり写らないので、脳で情報を理解する能力が育ちにくく、弱視になります。眼鏡などによる矯正で、網膜にはっきりとした像が写るようにして治療します。

    不同視

    眼鏡の度(屈折)が左右で極端に異なることを不同視といいます。
    度の強いほうの眼は使われず弱視になります。眼鏡などでしっかり矯正して、両眼を使うようにします。

    形態覚の遮断

    なんらかの原因で網膜の前に邪魔なものがあり、網膜に像が写らないことを形態覚の遮断といい弱視の原因になります。角膜の濁りや白内障、眼瞼下垂などのほか、眼帯の使用もこれにあたります。

    3)弱視の予防と治療

    視力は10歳前後まで伸びる可能性がありますが、1~3歳以前の伸びに比べるとそれ以降の伸びはわずかです。弱視につながる原因を出来る限り早く見つけ、取り除く必要があります。
    遠視が原因であれば遠視のメガネをかけます。その他の場合は、アイパッチといって視力が良いほうの目を隠すことによって弱視の目を無理に使わせようとする方法がありますが、医師の指示に基づいて行う必要があります。また、弱視の訓練をすることがあります。

  • 屈折異常(くっせついじょう)について

    学校検診で視力低下を指摘された方は、眼科での検査を受けるようにしましょう。

    1)近視

    目に入ってきた光が、網膜の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態を言い、遠くのものをはっきり見ることができません。通常、眼鏡やコンタクトで矯正します。
    逆に、近くを見るときには支障は少ないことが多いです。

    2)遠視

    目に入ってきた光が、網膜の正しい位置より後方に焦点を結んでしまう状態をいいます。
    遠視の場合は、遠くを見るときも近くを見るときも常に目の筋肉を働かせているので、眼精疲労の原因になりやすいです。このため、肩こりや頭痛などを訴える場合もあります。

    3)仮性近視

    視力検査イメージ 目の疲労によって一時的に近視のような状態になることをいいます。テレビやゲーム、パソコンなどで目を酷使した後は強くなり、目を休めたり遠くを見ると弱くなります。
    子どもでは、調整を麻痺させる点眼薬を使って治療することもあります。

    当院では仮性近視の治療を行っています
    学校検診や乳幼児健診で視力に関係する検査が必要な場合、当院では検査や治療も行っております。
    専門医にご相談下さい。

    Q&A

    Q.なぜ近視や遠視になるのですか?
    一番大きな原因は遺伝と考えられています。
    仮性近視は近いものを長時間見るなどといった環境面での影響が特に強いといえます。
    近年テレビゲームや携帯電話の普及が原因と思われる近視の低年齢化が進んでいます。

    Q.近視はいつまで進むのですか?
    近視の進行は、からだの成長とともに眼球も少しずつ大きくなっていくことが原因です。
    からだの成長が止まる20歳前後以降は、近視もそれほど進行しなくなります。

    Q.眼鏡をかけると視力の低下が早まることはないですか?
    そんなことはありません。眼鏡が必要になるということは、視力低下が進行し始めた時期ということで、レンズの度数をこまめにチェックする必要があります。
    眼鏡をかけずに過ごしたからといって、視力低下が抑えられるわけではありません。

    Q.近視が治るという治療や視力回復訓練などの情報がありますが、効果があるのでしょうか?
    近視が根本的に治ることはありませんが、確かに一時的に視力回復効果が認められるものもあります。全てを一律に否定することはできませんが、情報を鵜呑みにせずに、眼科専門医に相談するとよいでしょう。なお視力はもともと検査時の体調や暗示、検査条件などによって結果にバラツキが生じやすいものです。
  • はやり目・プール熱
    ウイルス感染などで結膜(いわゆる白目)が充血し、目やにがたくさん出る病気です。
    これらの病気は、他の人にうつりやすいので、治るまで幼稚園や学校を休ませます。
    目薬の治療で、1~2週間程度で治りますが、まれに角膜が濁って、視力に影響が残ることがあります。
    ものもらい
    汗を分泌している汗腺に細菌が入ったり、脂の出るマイボーム腺の出口が詰まり脂がたまって、炎症を起こしたり化膿したりする状態です。
    まぶたが赤く腫れて痛みます。ほとんどは抗生物質の点眼や軟膏で治ります。
    逆さまつげ
    子どもはまぶたが厚いために、まつげが内側を向いてしまい、眼球の表面に触れることがあります。
    成長とともにまぶたも自然に外側を向いてくるのでしばらく経過をみますが、3歳位になっても治らず、まつげで眼球表面を傷つけたりするようなら、手術をすることもあります。
    鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
    涙が鼻の奥へ流れていく通り道のことを鼻涙管といいます。生まれたばかりの赤ちゃんではこの管が詰まっているために涙がこぼれやすいことがあります。
    鼻の付け根をマッサージして涙を流れやすくするうちに、生後数ヵ月たつと管が開通することが多いのですが、開通しない場合は細いチューブを通して拡張します。
    ケガ
    目や目の周囲にボールなどが当たった場合、その時はなんともなくてもあとから異常が起きることがあるので、必ず眼科で検査をしてもらいましょう。

カテゴリー

秋山みつる眼科で共に人生を歩んでみませんか?
きっと、今まで体験したことがないすばらしい世界が待っています。
募集要項はコチラ
社員の声はコチラ

秋山みつる眼科からのお知らせをメールにてお知らせ致します。
診療日程やイベントのご案内など月に1回程度メール配信させて頂きます。
詳しくはコチラ

毎月、目の症状や病気についてだけでなく色々な情報をご紹介していきます。
当院を少しでも身近に感じていただければと思います。
詳しくはコチラ



当院概要

診療時間

住所

神奈川県横浜市鶴見区矢向5-9-23 健メディカルモール2F

電話番号

045-570-3260

当院へのアクセス

【交通】
(電車)
JR「川崎駅」西口から車で5分(駐車場18台完備)
JR南武線「矢向駅」から 徒歩5分

(バス)
川61 矢向駅、川69小倉循環 靜翁寺前停留所 徒歩2分
川56 矢向末吉橋循環内回り 靜翁寺前停留所 徒歩2分

詳しい地図はコチラ